この間、NHKを見ていましたらね、朝顔の事をやっていました。

そしたらね、朝顔って暗くならないと咲かないんですって。

暗くなって10時間したら咲くんですって。

驚きました〜。

暗闇がないとダメなのね〜。

 

晴れの日も雨の日も曇りの日もある。

人生も明るい日もあれば、うす暗い日もある。

それでいいんだな〜それがいいんだな〜。

 

 

金曜日はなごみ庵に行こう (^_^)プロジェクト!!!

7日(金)14時 
イキイキ長いきの会(呼吸法・発声練習・お経の練習)

第2金曜日 13時と19時 お盆のためお休みです
法話会 (わかりやすい仏さまのお話し)

21日(金)10時半と15時 
写経会 (マイお経本を作りましょう)

28日(金)10時半 
笑いヨガ (笑って笑って健康体操)

どれも参加費500円

 

 

そして8月のお盆法要!!!

8月16日(日)10時半から

ご先祖さまをご縁に、今を生きる私たちが仏縁に逢わせて頂く。

ご先祖さまに思いを馳せる豊かな時間をお過ごしください。

 


コロナに感染された方がまた多くなってきましたが、今のところ開催します。
みなさんに会いたいもの〜。


ですが、茶話会・懇親会はしばらく休止にします。

お薬が出来るまでは無理なのかしらね…。

どうなのかしら…??

 

 

ご参加の際は、マスク着用でお願いします。
なごみ庵内はアルコールでキレイにしておきます。

入口にアルコール消毒も用意しますので、お使いください。

非接触性の体温計も用意しましたので、計らせてください。
窓を開けて換気にも気を配ります。
そして体調が思わしくない方は、くれぐれもお家でゆっくりしてください。
電車やバスをお使いの方で、ご心配の方は無理をせずお休みくださいね。

どうぞよろしくお願いします (^人^)

コロナに感染された方が一日も早く回復されますようにと念じています。

コツコツとYouTube法話をアップロードしています。

 

新型コロナウイルスの感染者数も再び増加し、出かけにくい日が続きますので、ぜひお時間のある時にでもご覧いただければ幸いです。

 

 

笑いヨガ第2弾 笑顔ヨガ

 

 

YouTube怪談法話「黒髪の綱の呪い」

 

 

YouTube法話「とろろそば2.0」

◇ 企業での追悼法要と新おてらしばい ◇

 

 新型コロナウイルスの影響でさまざまな行事が中止や延期になる中、とても珍しいご依頼がありました。藤沢市に本社があるプラスチック部品の加工製造を主な業務とする企業、株式会社ニッセイエコさまから、物故者追悼法要を頼みたいという連絡が入ったのです。

 

 何か事故などがあって多くの方が亡くなったというようなことではなく、50年間の会社の歴史で関わってくれた方々のため、毎年春秋に追悼法要を開催しているのだそうです。今春はコロナの影響で延期になっていたものの、初夏を迎えなんとか開けそうだということで準備を始めたとのことでした。

 

 「それにしても珍しい話だな」と思いつつ事前に下見に伺うと、故人だけでなく現社員の家族のライフイベントも積極的に関わっていて、とても人を大切にするアットホームな会社なんだなと感銘を受けました。

 

 先方は当庵のHPなどをよくご覧いただいていて、法要だけでなく法話と、できればお芝居もとのことでした。時間の関係で既存の3演目が難しそうだったことと、ちょうど坊守が新演目を考え稽古を始めていたこともあり、初舞台の場とさせていただくことにもなりました。

 

 新演目の名前は「愛しき娘 みすゞ 〜いのち繋がる物語〜」

もともとの3つの演目のうち、一番最初に始めたのが、坊守が金子みすゞを演じるひとり舞台でした。

 今回は坊守がみすゞの母親を演じ、亡くなった娘の思い出を語り、また忘れ形見である孫を育てる様子が描かれています。人と人との繋がりを大切にする会社で、母・娘・孫の繋がりを描く作品を上演させていただく、とても良いご縁でした。なごみ庵でもご披露できればと考えています。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎お寺の行事について

6月より各種対策を取りつつ行事を再開しております。茶話会はもうしばらく様子を見ますが、その代わりに皆さんから一言ずつ近況報告をしていただいています。

お通夜・ご葬儀やご法事も各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お盆法要・お彼岸法要のお知らせ

お盆法要8月16日(日)、お彼岸法要9月21日(月祝)いずれも10時30分より。

お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入のうえ、お持ちください。欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

 

◎令和2年7月豪雨災害について

九州から中部地方にかけて豪雨の災害が続いております。皆さんからお供えいただいたお盆のお布施や、おてらおやつクラブ募金箱から、特定NPO法人おてらおやつクラブを通じて義援金を送らせていただきました。

 

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です

◦神之木地区センター写経会 8月4日・18日(火) 18時30分

◦死の体験旅行 なごみ庵で月1〜2回 開催しています

◦自死遺族の集い 築地本願寺:再開未定(通常第4木曜)

新型コロナウイルスの影響で、2020年2月から休止が続いていたワークショップ「死の体験旅行」ですが、丸5ヶ月を経た7月中旬、ようやく再開することができました。

 

なごみ庵の小さな本堂での開催ですので、密を避けるために定員は5名。

募集を始めて、すぐに席は埋まりました。

 

しかし開催が近づいてくると再び感染者数が急増し、遠方からの申し込み者などキャンセルが出て、結局受講者は3名に。

 

今まで毎月24名の席は必ず満席になり、声がかかれば月に何度もの開催もあったのに、3名。

 

その方たちも果たしてこの状況でおいでになれるかどうか…

始める前は少し沈んだ気持ちでいました。

 

しかし時間になると、ちゃんと3名さんいらしてくれました。

 

手指の消毒と検温をしていただき、席を離し換気をしつつ久々のワークショップ。

普段は本編が終わった後、4〜5人ずつのグループになってグループシェア、そして全体シェアへと進みますが、何しろ3名さんだけですから分けようがありません(笑)

 

いつもは人数が多いので、おひとりおひとりと話す時間も限られますが、今日はそれぞれの方のお話しをじっくりと伺えます。

 

始まる前の少し沈んだ気持ちは、時が進むにつれだんだんと晴れていきました。

ライフワークとなっている「死の体験旅行」が好きなんだな、色々な方の話を聴かせてもらうのが好きなんだな、と改めて感じました。

 

 

ここ数日の感染者数を見ると、いつまた休止せざるを得ない状況になるか分かりません。

でも充分な対策を取りつつ、小規模でもコツコツと続けていこうと思っています。

 

次回は7月25日。

https://753an-ws2020725.peatix.com/

 

今後の開催情報はコチラです。

https://bvld.info/calendar

前回の「株式会社ニッセイエコさま・その1」に引き続き、その2です。

 

今回の依頼をしてくださった会社の方が、事前に当庵のことをよく調べていらして、できれば法要と法話に加えお芝居もお願いしたい、というお申し出があったのです。

 

なごみ庵の坊守の「おてらしばい」は現在3つの演目があります。
1つめは「金子みすゞ いのちへのまなざし」
2つめは親鸞聖人の奥さまの物語「恵信尼ものがたり」
3つめは観無量寿経というお経の物語「イダイケの涙」

 

1つめが一般向けではあるんですが、少し当日の予定と時間が合わなそうです。
そこで、ひそかに坊守が練習を始めていた金子みすゞのアナザーバージョン。

坊守がみすゞの母となって、亡くなった娘を思い出し語るお芝居を提案したところ、ぜひにということになりました。

 

 

ということで再びアレコレ飛ばして…

 

娘(金子みすゞ)の遺影に手を合わせる母ミチ

 

 

孫、つまりみすゞの娘ふさえと折り紙で遊ぶミチ。

後ろのパネルに「上山文永堂 松蔵」と書いてありますが、ひとり芝居で人物の相関関係を表すために使っています。

 

 

無事終演、での挨拶。

 

 

特に上演予定がハッキリとあったわけではないのですが、今回のご縁のお陰で構想が形になり、株式会社ニッセイエコさまに感謝です。

 

なごみ庵では12月の報恩講で上演できればと思っています。
それまでに新型コロナウイルスが収まり、人が集まれるようになっていることを念じています。