人が何よりも執着せんとするものが自己である

It is the self among all things that we most adhere to.

 

今年の法語カレンダーは、僧侶であるなしに限らず広く念仏者の言葉が引かれています。


4月は、恥ずかしながら初めてお名前をお聞きしたのですが、金沢出身の仏教思想家で詩人の毎田周一(まいだ しゅういち)さんの言葉です。

 

ご本人のことは存じ上げませんでしたが、大谷派僧侶の暁烏敏と哲学者の西田幾多郎に師事していたとのことです。

 

 

<解説>
一般には「執着」を「しゅうちゃく」と読みますが、仏教では「しゅうじゃく」と読みます。「声明」を「せいめい/しょうみょう」と読んだり「自然」を「しぜん/じねん」と読んだり、仏教用語は一般と読み方が変わったり、意味すら変わってしまう場合もあります。
執着は私たちが普段使う場合と、それほど大きく意味は変わりません。

 

 

<私のあじわい>
仏教とはある意味、簡単な教えです。
人は自分の欲求に執着心を持ち、自分の周囲のものに執着心を持ち、自分自身に執着心を持ちます。そして執着心の対象が得られなかったり失われたりすることを恐れ、脅え、うろたえます。

 

ですので、全ての物事に執着心を持たなければ、苦しみも生じなくなるわけです。
なんと簡単なことでしょう、これで悟りを開いたも同然です、おめでとうございます。

 


……とはいきませんね。
喩えれば、投手が投げたボールを野手が取れない所に打ち返しなさいと監督が言ったり、難解な譜面を寸分たがわず演奏しなさいと指揮者が言ったりしても、そうはできないのが人間です。

 

綺麗な奥さんと可愛い子どもがいるのに、ついつい浮気をしてしまうのも人間です。生まれたからには必ず亡くなるのだから死を怖がらなくてもいいと言われても、マスクをしないで咳をしている人に「コロナじゃないのか、あっち行け!」と言ってしまうのも人間です。

 

「わかる」ことと「できる」ことに大きな違いがあるということでしょう。その両者を少しでも近づけていくために、仏教の各宗派にはそれぞれの教えがあり、また修行というものがあるのだと思います。

 

 

さて、話は変わりますが、多くの僧侶がコロナ禍に対して発言をしています。大きな出来事ですし、皆さんが不安に苛まれていますので、何かしら発言をすべきだと思いますが、やはり宗派によっての特徴が現れるのだなぁと感じました。

 

又聞きなのですが、禅のお坊さんが「いまを生きる」ことが大切だとと仰ったそうです。過去にとらわれず、未来を悲観せず、「今」を生きる。少し前から世界中で流行しているマインドフルネスも、やはり「今」に集中することが大切だと説いています。

 

まことに禅的だと思いますし、正しいことを仰っていると思います。ただ、私にはできないと思いました。過去や未来や人間関係や自分自身や、あらゆるもに執着し手放すことができない私には、とうていできないことだと思いました。

 

私にできることは、不安に苛まれている人と一緒に不安がってオロオロすることぐらいかなと思います。でも、それもいいのかなと思います。凛々しく「今を生きよ」と仰る禅僧も、一緒になって「困ったね、しんどいね」とオロオロする私も、どちらもいていいのではないかと思います。

 

 

浄土教の有名な絵に「二河白道」というものがあります。炎と水の激流の間に細い道が延びている。向こう岸には阿弥陀如来が「こちらにおいで」と見守っていてくださり、こちら岸には釈迦如来が「安心して渡りなさい」と見守っていてくださる。

両方の如来さまがいてこそ、人はその細い道を渡っていこうと思えるのです。

 

そして、他の宗派と方法は違えど、お念仏もまた最終的には執着を手放すための道です。
阿弥陀仏はそのまま仏さまのお名前、南無は帰依、つまり阿弥陀仏を全面的に信じてお任せをするという意味です。
自分から執着を切り離すのではなく、執着を手放すことができない自分を、丸ごと仏さまに委ねるという道なのです。

どんな業界でも、業界誌(紙)や専門誌(紙)があるもので、もちろん仏教や葬祭関連にもそういったものがあります。

 

ここ最近、立て続けにマニアックな業界誌に取り上げていただきましたのでご報告です。

 

まずは……『月刊仏事』2020年5月号。
清々しいほどの直球なネーミング。
お寺というより、葬祭関連業や石材店が主な対象のようです。

 

時節柄を反映して、新型コロナウイルスの対応が特集記事になっています。

 

なごみ庵と私たちについては、カラーで6ページ。

 

さらに白黒で4ページ、合計10ページ! も取り上げていただきました。

 

取材にいらしたライターさんと楽しく色々話しましたが、ここまで多いページ数でお書きになるのは大変だったと思います。

 

 

もうひとつは……『地域寺院』2020年6月発行の49号。
タイトルからしてマニアックです。

 

表紙はなごみ庵ではありません(涙)

 

こちらは4ページですが、ご覧の通り1ページ丸々写真なので、記事としては3ページ。


同時期の取材でしたので、内容的には似通っていますが、ページ数の関係で『地域寺院』の方が端的にまとまっていました。

 

 

実は『月刊仏事』さんからは1年ちょっと前にオファーがあったものの、法人化直前の微妙な時期だったので、一度お断りというか延期をお願いしました。

 

そのことを忘れておらず、「無事に法人化しましたね」と再度ご連絡をいただいたのです。

 

取材を受けると、ちゃんとお答えするために出来事の時系列などを確認することになりますが、それが自分の来し方を振り返ることに繋がりますので、有り難いご縁でした。

 

 

ご覧になりたい方は、大きな書店…どころかAmazonにもありませんので、どうぞ当庵においでください (^人^)

動画配信サービスのYouTubeに、坊守の笑いヨガ合同墓のお墓参り動画をアップしてきましたが、いよいよ法話をアップいたしました!

 

 

直前に方丈社マガジンに掲載していただいた連載記事と同タイトルで、内容もほぼ同じです。

 

ですが……難しかったです (-_-;) 

 

文章を書くのは慣れているつもりですし、人前で話すのもずいぶん慣れました。

 

なのにカメラが回っている前で話すのは全然感覚が違います。

 

アナウンサーさんってスゴイんだな、と率直に思いました。

 

でも新しい挑戦で、なんだかワクワクもしています。

 

あまり間が空かないよう、コツコツと積み重ねてみようと思いますので、どうぞお見守りください (^人^)

「あなたが知ってるお経は何ですか?」と聞かれれば、間違いなく1位になるであろうお経が「般若心経」

 

本屋さんで仏教コーナーに行くと必ず解説書があるのが「般若心経」

 

写経といえば「般若心経」

 

浄土真宗と日蓮宗を除くほぼ全ての宗派で読経され、また短いので暗誦や筆写に向いていることからも知名度が高いお経です。

 

 

「浄土真宗と日蓮宗を除く」と書きましたが、なごみ庵は浄土真宗のお寺ですので基本的には読経しません。

 

ただそれは般若心経を否定や拒絶しているわけではなく、そこに説かれている教えの方向性が異なるだけで、お釈迦さまの大切な教えであることに変わりはありません。

 

また実際的には超宗派の法要や行事などで読誦されることが多く、覚えていないと困ってしまう場面があるので、私も覚えておきました。

 

 

そんなこんなでコロナ禍の真っ只中の今年(2020年)4月、知人の僧侶から「超宗派僧侶による般若心経プロジェクト」の招待がありました。

 

主催は「歌うお坊さん」として高名で、YouTubeにお経をいくつもアップしている薬師寺寛邦さん。

 

薬師寺さんのガイド音声に合わせて般若心経を唱えますが、基本的には不慣れなので何度か撮りなおしました。

 

しかも薬師寺さんが高音の美声ですので、余計に合わせるのが大変でした (^_^;) 

 

ということで前振りはここまで。

 

大勢のお坊さんによる般若心経、どうぞお聞きください!

 

 

知っているお坊さんもたくさん参加されていて、見ていて楽しくなりました。

 

ちなみに私は中央右下、赤丸を付けてみました(自己主張強め)

 

 

あと1分33秒あたりにも出てきます。

 

見つけてね!(^人^)

Facebookで「テンプルバトン」という企画が立ち上がり、私に順番が回ってきました。

 

緊急事態宣言が続き閉塞感があるなか、さまざまな僧侶が「ご縁」をテーマに法話をし、バトンを次の僧侶に回していくというもの。

 

引き受けて考え始めたのですが、「ご縁」がテーマだとどうしても似通った内容になりがちです。

 

ですので思いきって、ちょっとくだけた内容にしてみました。

 

タイトルは「ご縁やないかい」

 

ーーーーーーーーーー

 

AB:はいどうもー、法話の掛け橋テンプルバトンです〜。

 

B:あ、いま観客席からお布施をいただきましたね。

 

A:有り難いですね、こんなんナンボあっても良いですからね。

 

B:ところでウチのオカンがな、お寺で法話聞いて気に入った仏教の言葉があるけど、それを忘れてしもうてね。

 

A:気に入ったけど忘れたって、どうなってんねん。

 

B:それもそうなんやけど、一緒に考えてくれへん?

 

A:ええけどな、どんな言葉やったん?

 

B:なんかな、外で知り合いにバッタリ会った時に使える言葉らしいねん。

 

A:それは「ご縁」やないかい? 仏教の基本で、全ての物事が繋がりあってるっちゅう意味や。

 

ちなみに近所の人と近くのスーパーで会ってもそれは必然やから、「ご縁ですね」言うたらアカンで。

 

B:いや俺も「ご縁」やと思うたんやけど、ちょっと違うらしいねん。どうもコワ〜い人が肩が当たった時につけてくるものらしいねん。

 

A:それは「ご縁」をも少し丁寧に言った「因縁」やな。物事は様々な原因が縁で繋がりあってるっちゅう意味や。本来は仏教の言葉なんやけど、「因縁をつける」なんて間違った使われ方をしてしまってるなぁ。

 

ちなみにコワい人がちょっと肩当たった時に「骨折れた〜」て因縁つけるけど、そんな体弱かったらアカンやろと思うわ。

 

B:なるほどな、けどオカンが言うには東大生が出てくるクイズ番組の回答みたいな難しい言葉やったっちゅうねん。

 

A:それやったら「因縁」をもっと丁寧に言った「因縁生起」やないかい。物事には様々な原因があって、それが縁で繋がりあって結果が生まれてくるっちゅうお釈迦さまの教えや。

 

「犬の仔は犬にしかならんが、人の子は鬼にも仏にもなる」っちゅう言葉があるけど、難しいクイズ番組に出てくる人らも因縁つけてくる人らも、生まれてきた時は可愛い赤ちゃんや。

 

その可愛い赤ちゃんも、たくさんの因や縁によって全く違う生き方になってしまうんやなぁ。

 

自分らは結果だけ見て判断してしまうけど、ホントは無数のご縁を見て判断せなアカン。でもそんなことは出来ひん自分らは「凡夫」なんや。煩悩に躍らされてるアホやっちゅうことや。

 

だからせめて焦って判断しないようにしたり、自分にとって良いことも悪いこともご縁の積み重ねなんやと受け止めなアカン。まあムリやけどな。

 

B:なんや急に坊さんみたいに長々と。まあええわ、オカンが言うてるのはその因縁生起かもしれんから伝えてみるわ。

 

A:ところで俺とお前がこうして話させてもらってるのも「ご縁」なんやで。

 

B:え、これは「腐れ縁」と違いますか?

 

A:なんでやねん、もうええわ。

 

AB:ありがとうございました〜。

 

ーーーーーーーーーー

 

ピンときた方も多いと思いますが、2019年のM−1グランプリ王者 ミルクボーイさん風のお話です。

 

少しでもクスッとしていただければ幸いです (^人^)