◇ オーダーメイド法要 ◇

 

平成18年に なごみ庵を開所してから、さまざまなご縁で葬儀や法事をお勤めさせていただいてきましたが、法人化をした昨年5月あたりから、色々と事情のある法要の依頼が増えてきたように感じます。

 


どうしてなのか考えてみると、以前は葬儀社さんなどを通じて頼まれることが多かったので、ある程度は型にはまった状態での依頼になっていたように思います。

 

しかし最近は、庵を開いて時間が経ったので、多くの人と直接のご縁で繋がっていたり、あるいはインターネットのご縁で直接相談をいただくことが増えてきたのが要因かもしれません。

 

「流産した子を火葬したんですが、どうにも気持ちが収まらないのでお経を上げてほしい」
「他の宗派で葬儀をしたんだが、今後の法要をお願いできないだろうか」
「菩提寺が遠方で来てもらうのが大変、そちらには話を通してあるので法事をしてほしい」
「先祖の宗派と戒名(法名)が違ったので、付け直してもらえないだろうか」

 

本当に多種多様なご相談をいただきます。もしかしたら以前は葬儀社さんなどが気を遣って、「そういう要望じゃお寺さんに言えませんよ」と弾かれていたかもしれないものが、直接ご相談していただけるようになった。相談していただければ、こちらもなんとか良い形になるよう頭をひねります。

 

大変な部分もあるのですが、でも私としては充実感や、語弊があるかもしれませんが楽しさも感じています。

もちろん「キリスト教の葬儀をして欲しい」などと言われたら不可能ですが、お互いに考えながら相談を進めれば、たいがい道は開けるものです。

 

なごみ庵の縁人会員さんもそうじゃない人も、何か困りごとがあれば、まずは相談してみてください。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎お寺の行事について
6月より各種対策を取りつつ行事を再開しております。茶話会はもうしばらく様子を見ますが、その代わりに皆さんから一言ずつ近況報告をしていただいています。
お通夜・ご葬儀やご法事も各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お彼岸法要のお知らせ 9月21日(月祝)10時30分より。
お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入のうえ、お持ちください。欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

 

◎YouTube「なごみ庵チャンネル」で仏典童話の朗読スタート
僧侶であり童話作家、京都女子大名誉教授の花岡大学(学校名ではなく人名です)氏によって著された仏典童話を、坊守がひとつひとつ朗読してまいります。お経として聞いていると難しいけれど、こんなことが書いてあるんだなぁ、と感じていただければ幸いです。
(出典:花岡大学 仏典童話全集 法蔵館)

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です
◦神之木地区センター写経会 9月1日・15日(火) 18時30分
◦死の体験旅行

 なごみ庵で月1〜2回 開催しています
 神奈川大学 生涯学習:再会未定
◦自死遺族の集い 築地本願寺:再開未定(通常第4木曜)

◇ 企業での追悼法要と新おてらしばい ◇

 

 新型コロナウイルスの影響でさまざまな行事が中止や延期になる中、とても珍しいご依頼がありました。藤沢市に本社があるプラスチック部品の加工製造を主な業務とする企業、株式会社ニッセイエコさまから、物故者追悼法要を頼みたいという連絡が入ったのです。

 

 何か事故などがあって多くの方が亡くなったというようなことではなく、50年間の会社の歴史で関わってくれた方々のため、毎年春秋に追悼法要を開催しているのだそうです。今春はコロナの影響で延期になっていたものの、初夏を迎えなんとか開けそうだということで準備を始めたとのことでした。

 

 「それにしても珍しい話だな」と思いつつ事前に下見に伺うと、故人だけでなく現社員の家族のライフイベントも積極的に関わっていて、とても人を大切にするアットホームな会社なんだなと感銘を受けました。

 

 先方は当庵のHPなどをよくご覧いただいていて、法要だけでなく法話と、できればお芝居もとのことでした。時間の関係で既存の3演目が難しそうだったことと、ちょうど坊守が新演目を考え稽古を始めていたこともあり、初舞台の場とさせていただくことにもなりました。

 

 新演目の名前は「愛しき娘 みすゞ 〜いのち繋がる物語〜」

もともとの3つの演目のうち、一番最初に始めたのが、坊守が金子みすゞを演じるひとり舞台でした。

 今回は坊守がみすゞの母親を演じ、亡くなった娘の思い出を語り、また忘れ形見である孫を育てる様子が描かれています。人と人との繋がりを大切にする会社で、母・娘・孫の繋がりを描く作品を上演させていただく、とても良いご縁でした。なごみ庵でもご披露できればと考えています。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎お寺の行事について

6月より各種対策を取りつつ行事を再開しております。茶話会はもうしばらく様子を見ますが、その代わりに皆さんから一言ずつ近況報告をしていただいています。

お通夜・ご葬儀やご法事も各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お盆法要・お彼岸法要のお知らせ

お盆法要8月16日(日)、お彼岸法要9月21日(月祝)いずれも10時30分より。

お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入のうえ、お持ちください。欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

 

◎令和2年7月豪雨災害について

九州から中部地方にかけて豪雨の災害が続いております。皆さんからお供えいただいたお盆のお布施や、おてらおやつクラブ募金箱から、特定NPO法人おてらおやつクラブを通じて義援金を送らせていただきました。

 

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です

◦神之木地区センター写経会 8月4日・18日(火) 18時30分

◦死の体験旅行 なごみ庵で月1〜2回 開催しています

◦自死遺族の集い 築地本願寺:再開未定(通常第4木曜)

◇ YouTubeと和讃 ◇

 

新型コロナウイルスの影響で失われたものも得たものもあります。

 

私の場合は法要や講演が減ってしまいましたが、その代わりに時間ができ、インターネット環境を整えたりYouTubeに手を出したりしています。

 

最近では法話の動画も始めましたが、しばらくお会いできていない方から、「動いている姿と声を見聞きできて嬉しかった」と仰っていただき、文字だけで伝わらないものもあるのだなと感じます。

 

また、人前で話すのは慣れていると思っていましたが、映像として記録に残るとなると全く別の緊張感を感じ、話す時の自分のクセにも気づき、ここでも得るものがありました。

 

 

YouTubeを始めてみると、他にも多くのお坊さんが法話などを発信していることに気づきます。

 

お寺に行って法話を聴くのはハードルが高いことですが、インターネットの時代には色々な宗派の様々なお坊さんの法話を聴くことができるのです。

 

ふと、もし鎌倉時代の親鸞聖人が現代にいらしたら、どうなさっていたでしょう。インターネットなど邪道だと仰ったでしょうか?

私はそうではないと思います。

 

 

親鸞聖人は500篇以上の和讃(わさん)を残されています。

 

和讃は当時流行した今様(いまよう)と同じく、7音・5音×4行で構成されていますが、今様は貴族などが詠んだ流行歌であるのに対し、和讃は僧侶が詠んだり仏さまや高僧のことを詠んだ内容になっています。

 

また繁忙期の農民に仏教を伝えようとして歌われた「親鸞田植え歌」というものも伝わっています。

 

伝えたいことを、当時の流行歌のメロディに乗せて分かりやすく伝える。

 

私は親鸞聖人が現代にいらしたらシンガーソングライターだったんではないだろうかと思ってきましたが、さらに今この時だったらユーチューバーになっているかもしれません。

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎お寺の行事について
6月5日の「イキイキ長いきの会」より行事を再開しております。茶話会はもうしばらく様子を見ますが、その代わりに皆さんから一言ずつ近況報告をしていただいています。


お通夜・ご葬儀やご法事は、各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お盆法要のお知らせ
7月12日(日)・8月16日(日)、いずれも10時30分よりお盆法要の予定です。

 

お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入の上、お持ちください。欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

 

◎設備の改善について
・来庵した際に体温を測れるよう、非接触式の体温計を準備しています。
・夏場でも少し窓を開けて換気し、安心してお参りいただけるよう、エアコンを新調します。
・法事に参列できない遠方のかたとネットで繋げるよう、ネット環境を整備しています。

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です
◦神之木地区センター写経会 7月7日・21日(火) 18時30分
◦死の体験旅行

 ・豊島区 金剛院:休止
 ・神奈川大学 生涯学習:9月9日(水) 18時30分
◦自死遺族の集い 築地本願寺:再開未定

◇ お釈迦さまの掌の上 ◇

 

<いだかれてありとも知らず おろかにも われ反抗す 大いなるみ手に>

 

 

5月の法語カレンダーは、西本願寺の門主の息女として生まれ、大正三美人と謳われ、京都女子大学設立や関東大震災復刻に尽力した九条武子さんの言葉です。

 

大きな功績を残した彼女ですら、ご自身を「仏さまの御心に沿わず、愚かに反抗する私である」と省みていらしたのです。

 

皆さんは中国の小説、『西遊記』をご存知でしょうか?

 

実在の僧侶、玄奘三蔵法師の求法の旅をモデルとして、孫悟空や沙悟浄、猪八戒などの妖怪が登場する冒険活劇です。

 

 

暴れん坊の孫悟空を懲らしめるため、お釈迦さまは「私の掌から飛び出してごらんなさい」と孫悟空に言います。

 

自在に空を飛ぶ觔斗雲を操る孫悟空は、そんなことは朝飯前と応じ世界の果てまで飛んで行ったはずが、実はお釈迦さまの手の上から逃れられておりません。

 

そのあと孫悟空は山に封じられ、さらに三蔵法師の天竺までのお供を命じられ、最終的にはその功績で闘戦勝仏という勇ましい名前の仏さまに成りました。

 

 

孫悟空と私たちは似ています。私たちは自分の力量を信じ、自分の判断が正しいと思い込み、自分の力で生きているのだと普段は思っています。

 

しかし一皮むけば、迷いもする、過ちも犯す、道理に合わぬ行動を取る、揚げ句の果てにはそれらを正当化する。

 

まるでお釈迦さまの掌の上で暴れ回っている孫悟空さながらです。

 

もっとも私たちが右往左往しているのは、阿弥陀さまの慈悲の腕の中です。

 

阿弥陀さまは、私たちが不出来であることを承知の上で、「心配ないよ、必ず救うよ」と見守り続けてくださっています。

 

そして天竺まで仏法を求めて旅するような苦しい思いをしなくても、仏さまとして迎え入れてくださるのです。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎5〜6月の行事について
緊急事態宣言の期間中は行事の開催を自粛させていただき、解除後も茶話会や懇親会は当面の間、中止とさせていただきます。

6月2日の「おてランチ」も会食が中心ですので、用心のため延期とさせていただきます。
お通夜ご葬儀やご法事は、各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お墓参りの様子をYouTube公開
墓参バスツアーが延期になりましたので、住職と坊守で墓参した動画を公開しております。

https://www.youtube.com/channel/UCZrA5ByEUfC7re9VglPqsGw

 

◎お盆法要のお知らせ
7月12日(日)、8月16日(日)、いずれも10時30分よりお盆法要の予定です。

お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入の上、お持ちください。

欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

法名用紙はコチラのページから

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です


◦神之木地区センター写経会 6月2日・16日(火) 18時30分
◦死の体験旅行 豊島区 金剛院:6月17日(水) 19時
 神奈川大学 生涯学習:9月9日(水) 18時30分
◦自死遺族の集い 築地本願寺 5月中止 6月25日(木)

※いずれの行事も中止や変更の可能性があります

◇ 自分との対話 ◇

 

「お念仏というのは つまり自分が自分に対話する道」

 


4月の法語カレンダーは明治〜昭和の真宗大谷派僧侶、曽我量深 師の言葉です。

 

「馬の耳に念仏」などという言葉もありますが、「ナムアミダブツ」のお念仏はなんだかよくわからないもの、呪文のようなものと捉えられがちです。

 

 

仏教はもともとインド発祥ですので、お念仏も古代インドの言葉に戻すと「ナマス・アーミータ・ブッダ」となります。

 

ナマスは「帰依・信頼」、アーミータは「無量・無限」、ブッダは「仏・悟った者」の意味で、またアーミータには「アーブハ(光)」「アーユス(命)」の2つの言葉が込められています。

 

ですのでお念仏を日本語訳すると「無限のいのちと光を現す悟りの存在を心から信頼する」という意味になるのです。

 

いのちと光が無限ということは、阿弥陀仏の救いが時間と空間を問題としない、という意味に繋がります。

 

過去も今も未来も、どこにいても私たちは阿弥陀仏の慈悲の眼差しに包まれているのです。

 

後顧の憂いなく、安心して生きていけよと見守ってくださっているのです。

 

 

もちろん見守ってくれるといっても、何か現実的なご利益を与えてくれるわけではありません。

 

朝晩お念仏を称えていても、転んでケガをするかもしれませんし、それこそ新型コロナウイルスに感染してしまうこともあるかもしれません。

 

けれど、良いことも悪いことも「我が身のこと」として抱えて生きていく勇気を、阿弥陀仏はくださるのではないでしょうか。

 

今は感染対策で、外出を自粛して自宅で長い時間を過ごすことが多くなっています。

 

時間を持て余しぎみになる場面もありますが、両の掌を合わせ、ゆっくりとお念仏を口にしてみてください。

 

そして自分が何を大切に思っているのか、これから何を大切にすべきなのか、そんなことにじっくりと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎4〜5月の行事について
緊急事態宣言の期間である5月6日までの行事と、5月10日の合同墓参拝バスツアーは延期といたします。

それ以降も状況を見ながら判断いたします。6月2日の「おてランチ」は会食ですので、現時点では延期の可能性が高いです。

お出かけ前にHPやFacebookをご覧いただいたり、メールやお電話でご確認ください。

 

◎ホームページ リニューアルオープン!
講演や行事の中止が続き、時間ができたお陰でHPとブログのリニューアルをいたしました。

パソコンでもスマホでも見やすくなりましたので、ぜひご覧ください。

また、坊守の笑いヨガをYouTubeに掲載しました。ついにユーチューバー誕生です。

こちらもご覧いただき、少しでも笑顔になっていただければ幸いです。

 

ホームページ https://753an.net

ブログ http://blog.753an.net

YouTube https://www.youtube.com/watch?v=2fuB-UNRqSk

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です
◦神之木地区センター写経会 5月5日 中止・19日(火) 18時30分
◦死の体験旅行 豊島区

 金剛院:5月11日 中止・6月17日(水) 19時
 神奈川大学 生涯学習:9月9日(水) 18時30分
◦自死遺族の集い 4月・5月とも中止 築地本願寺

1