新型コロナウイルスの影響で、2020年2月から休止が続いていたワークショップ「死の体験旅行」ですが、丸5ヶ月を経た7月中旬、ようやく再開することができました。

 

なごみ庵の小さな本堂での開催ですので、密を避けるために定員は5名。

募集を始めて、すぐに席は埋まりました。

 

しかし開催が近づいてくると再び感染者数が急増し、遠方からの申し込み者などキャンセルが出て、結局受講者は3名に。

 

今まで毎月24名の席は必ず満席になり、声がかかれば月に何度もの開催もあったのに、3名。

 

その方たちも果たしてこの状況でおいでになれるかどうか…

始める前は少し沈んだ気持ちでいました。

 

しかし時間になると、ちゃんと3名さんいらしてくれました。

 

手指の消毒と検温をしていただき、席を離し換気をしつつ久々のワークショップ。

普段は本編が終わった後、4〜5人ずつのグループになってグループシェア、そして全体シェアへと進みますが、何しろ3名さんだけですから分けようがありません(笑)

 

いつもは人数が多いので、おひとりおひとりと話す時間も限られますが、今日はそれぞれの方のお話しをじっくりと伺えます。

 

始まる前の少し沈んだ気持ちは、時が進むにつれだんだんと晴れていきました。

ライフワークとなっている「死の体験旅行」が好きなんだな、色々な方の話を聴かせてもらうのが好きなんだな、と改めて感じました。

 

 

ここ数日の感染者数を見ると、いつまた休止せざるを得ない状況になるか分かりません。

でも充分な対策を取りつつ、小規模でもコツコツと続けていこうと思っています。

 

次回は7月25日。

https://753an-ws2020725.peatix.com/

 

今後の開催情報はコチラです。

https://bvld.info/calendar

関連する記事