◇ 津々浦々 ◇

 

なごみ庵の記事が全国津々浦々の新聞に掲載されました。「全国紙」ではなく、全国の様々な地方紙への掲載です。

 

(同じ新聞に見えるかもしれませんが、全て別の新聞です!)

 

取材していただいたのは以前から存じ上げている共同通信の記者さん。共同通信は自社で新聞を発行するのではなく、取材した記事を各地方紙に配信している会社です。


朝日新聞や讀売新聞などの大手は全国に支社がありますが、地方紙はそうもいきません。基本的に地域密着の記事を掲載しますが、かといって地域の記事だけというわけにもいきません。そんな時に配信記事を載せるのだそうです。

 

そんな経緯だったのですが、特に今回の「わたしの居場所」というコーナーは30ほどの地方紙で採用されているようで、掲載が始まった8月中旬ごろから色々と反響がありました(新聞社によって掲載にタイムラグがあるようです)。

 

浄土真宗の門徒さんが多い広島からは、なごみ庵のオリジナルお経本やお経CDをたくさん送って欲しいという連絡がありましたし、長崎の旧友からは地元の新聞を開いてビックリしたと連絡がありました。長崎には「浦上」という地名があるので、長崎出身だから地元紙に載っているとカン違いしている人もいるかもしれません(笑)。

 

都内や神奈川県内で発行されている新聞にもチラホラ載っているので、金曜日の行事にも新しい方が少しずついらしています。

 

今はインターネットの時代で新聞購読者は減っているそうですが、それでも全国の多くの方の目に留まったのは嬉しいご縁です。また手元に物が残らないインターネットやテレビと違い、新聞は切り抜き保存し、時間が経ってから問い合わせが来ることもありますので、そんなご縁も楽しみにしています。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎各種コロナ対策を取りつつ、お寺の行事やご法事をおこなっております。茶話会はしばらく休止を続けますが、その代わりに皆さんから一言ずつ近況報告などしていただいています。

 

◎『中年女、老毒。。。朗読ライブ』 10月8日(木)19時 下北沢 本多劇場

コロナ禍の今年、急転直下で坊守(芸名 保谷果菜子)が劇場の舞台に立ちます。是非にとは言いにくい状況ですが、観覧ご希望の方はお寺までお申し込みください。

 

◎「さきゆきケア」勉強会 11月3日(火祝)13時

別紙の通り、新企画をスタートします。もともと同日予定の「おてランチ」は中止です。

 

◎「自死・自殺に向き合う僧侶の会」の活動について

毎月の「集い」および毎年12月1日の自死者追悼大法要ともオンライン開催の予定です。

 

◎報恩講法要 12月13日(日)・14日(月) 2日間の予定

坊守による新演目「愛しき娘 みすゞ 〜いのち繋がる物語〜」を上演いたします!

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です

◦神之木地区センター写経会 10月6日・20日(火) 18時30分

◦死の体験旅行 なごみ庵で月1〜2回 開催しています

        神奈川大学 生涯学習:再会未定

◦自死遺族と僧侶のオンライン茶話会 9月24日(木)