どんな業界でも、業界誌(紙)や専門誌(紙)があるもので、もちろん仏教や葬祭関連にもそういったものがあります。

 

ここ最近、立て続けにマニアックな業界誌に取り上げていただきましたのでご報告です。

 

まずは……『月刊仏事』2020年5月号。
清々しいほどの直球なネーミング。
お寺というより、葬祭関連業や石材店が主な対象のようです。

 

時節柄を反映して、新型コロナウイルスの対応が特集記事になっています。

 

なごみ庵と私たちについては、カラーで6ページ。

 

さらに白黒で4ページ、合計10ページ! も取り上げていただきました。

 

取材にいらしたライターさんと楽しく色々話しましたが、ここまで多いページ数でお書きになるのは大変だったと思います。

 

 

もうひとつは……『地域寺院』2020年6月発行の49号。
タイトルからしてマニアックです。

 

表紙はなごみ庵ではありません(涙)

 

こちらは4ページですが、ご覧の通り1ページ丸々写真なので、記事としては3ページ。


同時期の取材でしたので、内容的には似通っていますが、ページ数の関係で『地域寺院』の方が端的にまとまっていました。

 

 

実は『月刊仏事』さんからは1年ちょっと前にオファーがあったものの、法人化直前の微妙な時期だったので、一度お断りというか延期をお願いしました。

 

そのことを忘れておらず、「無事に法人化しましたね」と再度ご連絡をいただいたのです。

 

取材を受けると、ちゃんとお答えするために出来事の時系列などを確認することになりますが、それが自分の来し方を振り返ることに繋がりますので、有り難いご縁でした。

 

 

ご覧になりたい方は、大きな書店…どころかAmazonにもありませんので、どうぞ当庵においでください (^人^)

動画配信サービスのYouTubeに、坊守の笑いヨガ合同墓のお墓参り動画をアップしてきましたが、いよいよ法話をアップいたしました!

 

 

直前に方丈社マガジンに掲載していただいた連載記事と同タイトルで、内容もほぼ同じです。

 

ですが……難しかったです (-_-;) 

 

文章を書くのは慣れているつもりですし、人前で話すのもずいぶん慣れました。

 

なのにカメラが回っている前で話すのは全然感覚が違います。

 

アナウンサーさんってスゴイんだな、と率直に思いました。

 

でも新しい挑戦で、なんだかワクワクもしています。

 

あまり間が空かないよう、コツコツと積み重ねてみようと思いますので、どうぞお見守りください (^人^)

「あなたが知ってるお経は何ですか?」と聞かれれば、間違いなく1位になるであろうお経が「般若心経」

 

本屋さんで仏教コーナーに行くと必ず解説書があるのが「般若心経」

 

写経といえば「般若心経」

 

浄土真宗と日蓮宗を除くほぼ全ての宗派で読経され、また短いので暗誦や筆写に向いていることからも知名度が高いお経です。

 

 

「浄土真宗と日蓮宗を除く」と書きましたが、なごみ庵は浄土真宗のお寺ですので基本的には読経しません。

 

ただそれは般若心経を否定や拒絶しているわけではなく、そこに説かれている教えの方向性が異なるだけで、お釈迦さまの大切な教えであることに変わりはありません。

 

また実際的には超宗派の法要や行事などで読誦されることが多く、覚えていないと困ってしまう場面があるので、私も覚えておきました。

 

 

そんなこんなでコロナ禍の真っ只中の今年(2020年)4月、知人の僧侶から「超宗派僧侶による般若心経プロジェクト」の招待がありました。

 

主催は「歌うお坊さん」として高名で、YouTubeにお経をいくつもアップしている薬師寺寛邦さん。

 

薬師寺さんのガイド音声に合わせて般若心経を唱えますが、基本的には不慣れなので何度か撮りなおしました。

 

しかも薬師寺さんが高音の美声ですので、余計に合わせるのが大変でした (^_^;) 

 

ということで前振りはここまで。

 

大勢のお坊さんによる般若心経、どうぞお聞きください!

 

 

知っているお坊さんもたくさん参加されていて、見ていて楽しくなりました。

 

ちなみに私は中央右下、赤丸を付けてみました(自己主張強め)

 

 

あと1分33秒あたりにも出てきます。

 

見つけてね!(^人^)

「一寸先は闇」って言葉がありますが、身にしみて実感しますね…。

巣ごもり生活が数ヶ月経って、不思議なものでこの暗闇に目が慣れてきているなとも思います。

 

 

あ…そうか…真っ暗闇ではないんだな…。

目が慣れるということは微かでも光があるんですね…。

 

有り難い阿弥陀様の光は、常に私の元に届いていたんですね (^人^)

 

昔、「あるものを喜ばせて頂きましょう」っておっしゃる先生がいました。

そうですよね…

ないものを求めるより、あるものを喜んでいった方が気持ちがいいですものね (^_^)

 

暗闇でも時おり、爽やかな心暖かい風を感じることもありますものね。

 

 

 

金曜日はなごみ庵に行こう (^_^)プロジェクト!!!

5日(金)14時 
イキイキ長いきの会(呼吸法・発声練習・お経の練習)

12日(金) 13時と19時 
法話会 (わかりやすい仏さまのお話し)

19日(金)10時半と15時 
写経会 (マイお経本を作りましょう)

26日(金)10時半 
笑いヨガ (笑って笑って健康体操)

どれも参加費500円

緊急事態宣言が解除されましたので、このまま何事もなければ開催します。
みなさんに会いたいもの〜。


ですが、茶話会・懇親会はしばらく休止にします。

お薬が出来るまでは無理なのかしらね…。

どうなのかしら…??

 

 

ご参加の際は、マスク着用でお願いします。
なごみ庵内はアルコールでキレイにしておきます。
入口にアルコール消毒も用意しますので、お使いください。
窓を開けて換気にも気を配ります。
そして体調が思わしくない方は、くれぐれもお家でゆっくりしてください。
電車やバスをお使いの方で、ご心配の方は無理をせずお休みくださいね。

どうぞよろしくお願いします (^人^)

◇ お釈迦さまの掌の上 ◇

 

<いだかれてありとも知らず おろかにも われ反抗す 大いなるみ手に>

 

 

5月の法語カレンダーは、西本願寺の門主の息女として生まれ、大正三美人と謳われ、京都女子大学設立や関東大震災復刻に尽力した九条武子さんの言葉です。

 

大きな功績を残した彼女ですら、ご自身を「仏さまの御心に沿わず、愚かに反抗する私である」と省みていらしたのです。

 

皆さんは中国の小説、『西遊記』をご存知でしょうか?

 

実在の僧侶、玄奘三蔵法師の求法の旅をモデルとして、孫悟空や沙悟浄、猪八戒などの妖怪が登場する冒険活劇です。

 

 

暴れん坊の孫悟空を懲らしめるため、お釈迦さまは「私の掌から飛び出してごらんなさい」と孫悟空に言います。

 

自在に空を飛ぶ觔斗雲を操る孫悟空は、そんなことは朝飯前と応じ世界の果てまで飛んで行ったはずが、実はお釈迦さまの手の上から逃れられておりません。

 

そのあと孫悟空は山に封じられ、さらに三蔵法師の天竺までのお供を命じられ、最終的にはその功績で闘戦勝仏という勇ましい名前の仏さまに成りました。

 

 

孫悟空と私たちは似ています。私たちは自分の力量を信じ、自分の判断が正しいと思い込み、自分の力で生きているのだと普段は思っています。

 

しかし一皮むけば、迷いもする、過ちも犯す、道理に合わぬ行動を取る、揚げ句の果てにはそれらを正当化する。

 

まるでお釈迦さまの掌の上で暴れ回っている孫悟空さながらです。

 

もっとも私たちが右往左往しているのは、阿弥陀さまの慈悲の腕の中です。

 

阿弥陀さまは、私たちが不出来であることを承知の上で、「心配ないよ、必ず救うよ」と見守り続けてくださっています。

 

そして天竺まで仏法を求めて旅するような苦しい思いをしなくても、仏さまとして迎え入れてくださるのです。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎5〜6月の行事について
緊急事態宣言の期間中は行事の開催を自粛させていただき、解除後も茶話会や懇親会は当面の間、中止とさせていただきます。

6月2日の「おてランチ」も会食が中心ですので、用心のため延期とさせていただきます。
お通夜ご葬儀やご法事は、各種対策を取りつつ厳修いたします。どうぞご相談ください。

 

◎お墓参りの様子をYouTube公開
墓参バスツアーが延期になりましたので、住職と坊守で墓参した動画を公開しております。

https://www.youtube.com/channel/UCZrA5ByEUfC7re9VglPqsGw

 

◎お盆法要のお知らせ
7月12日(日)、8月16日(日)、いずれも10時30分よりお盆法要の予定です。

お勤めをご希望の方は、法名(戒名)用紙に記入の上、お持ちください。

欠席の場合はご縁の方の法名やお名前をお書きいただき、郵便・FAX・メールなどでお送りください。

法名用紙はコチラのページから

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です


◦神之木地区センター写経会 6月2日・16日(火) 18時30分
◦死の体験旅行 豊島区 金剛院:6月17日(水) 19時
 神奈川大学 生涯学習:9月9日(水) 18時30分
◦自死遺族の集い 築地本願寺 5月中止 6月25日(木)

※いずれの行事も中止や変更の可能性があります