5月に、なごみ庵合同墓 倶生の碑 お墓参りバス旅行を企画しておりました。

倶生の碑が出来てからは、必ず年に1回はみんなで行っています。

 

でもね…ほら…コロナでしょ…。

緊急事態宣言も延長されて、まだ解除になっていないし、残念ですがバス旅行も中止にしました。

今年はいつもより参加希望の方が多かったのですが…でもやっぱり無理ですものね…。

なので住職とふたりだけで、お掃除とお参りとしてきました。

 

なごみ庵の合同墓は三浦海岸にあります。

緑に囲まれて、海も見える高台にあります。

その日のお天気は晴れ、とっても気持ちよかったですよ \(^o^)/

 

その様子を動画に撮ってきました (^_^)

 

 

出来ればコロナなんかの騒動に出会いたくなかったですが、動画を撮ってアップするようになるなんて…。

必要は発明の母??ってこと?

何が起こるか分からない…人生は冒険ですね (o^-’)b

 

 

倶生の碑の真後ろには大島桜の木があります。

5月ですのですっかり花は散って、小さなサクランボが実をつけてました。

……食べられるのかしら?

Facebookで「テンプルバトン」という企画が立ち上がり、私に順番が回ってきました。

 

緊急事態宣言が続き閉塞感があるなか、さまざまな僧侶が「ご縁」をテーマに法話をし、バトンを次の僧侶に回していくというもの。

 

引き受けて考え始めたのですが、「ご縁」がテーマだとどうしても似通った内容になりがちです。

 

ですので思いきって、ちょっとくだけた内容にしてみました。

 

タイトルは「ご縁やないかい」

 

ーーーーーーーーーー

 

AB:はいどうもー、法話の掛け橋テンプルバトンです〜。

 

B:あ、いま観客席からお布施をいただきましたね。

 

A:有り難いですね、こんなんナンボあっても良いですからね。

 

B:ところでウチのオカンがな、お寺で法話聞いて気に入った仏教の言葉があるけど、それを忘れてしもうてね。

 

A:気に入ったけど忘れたって、どうなってんねん。

 

B:それもそうなんやけど、一緒に考えてくれへん?

 

A:ええけどな、どんな言葉やったん?

 

B:なんかな、外で知り合いにバッタリ会った時に使える言葉らしいねん。

 

A:それは「ご縁」やないかい? 仏教の基本で、全ての物事が繋がりあってるっちゅう意味や。

 

ちなみに近所の人と近くのスーパーで会ってもそれは必然やから、「ご縁ですね」言うたらアカンで。

 

B:いや俺も「ご縁」やと思うたんやけど、ちょっと違うらしいねん。どうもコワ〜い人が肩が当たった時につけてくるものらしいねん。

 

A:それは「ご縁」をも少し丁寧に言った「因縁」やな。物事は様々な原因が縁で繋がりあってるっちゅう意味や。本来は仏教の言葉なんやけど、「因縁をつける」なんて間違った使われ方をしてしまってるなぁ。

 

ちなみにコワい人がちょっと肩当たった時に「骨折れた〜」て因縁つけるけど、そんな体弱かったらアカンやろと思うわ。

 

B:なるほどな、けどオカンが言うには東大生が出てくるクイズ番組の回答みたいな難しい言葉やったっちゅうねん。

 

A:それやったら「因縁」をもっと丁寧に言った「因縁生起」やないかい。物事には様々な原因があって、それが縁で繋がりあって結果が生まれてくるっちゅうお釈迦さまの教えや。

 

「犬の仔は犬にしかならんが、人の子は鬼にも仏にもなる」っちゅう言葉があるけど、難しいクイズ番組に出てくる人らも因縁つけてくる人らも、生まれてきた時は可愛い赤ちゃんや。

 

その可愛い赤ちゃんも、たくさんの因や縁によって全く違う生き方になってしまうんやなぁ。

 

自分らは結果だけ見て判断してしまうけど、ホントは無数のご縁を見て判断せなアカン。でもそんなことは出来ひん自分らは「凡夫」なんや。煩悩に躍らされてるアホやっちゅうことや。

 

だからせめて焦って判断しないようにしたり、自分にとって良いことも悪いこともご縁の積み重ねなんやと受け止めなアカン。まあムリやけどな。

 

B:なんや急に坊さんみたいに長々と。まあええわ、オカンが言うてるのはその因縁生起かもしれんから伝えてみるわ。

 

A:ところで俺とお前がこうして話させてもらってるのも「ご縁」なんやで。

 

B:え、これは「腐れ縁」と違いますか?

 

A:なんでやねん、もうええわ。

 

AB:ありがとうございました〜。

 

ーーーーーーーーーー

 

ピンときた方も多いと思いますが、2019年のM−1グランプリ王者 ミルクボーイさん風のお話です。

 

少しでもクスッとしていただければ幸いです (^人^)

 

私は医療従事者ではありません。政治家でもありません。

なので私に出来ることは、不要な外出はしないことと、小まめな手洗いしかありません。

でもそれは出来ます (^_^)

頑張ってます \(^o^)/

 

あとは働いてくださっている皆さんに感謝しながら、待つしかありません。

なるべく心穏やかに待つだけです。

ウィルスに強い赤いシャッポの誰かさんが、一人やそこらいるはずよ (^人^)

 

 

金曜日はなごみ庵に行こう (^_^)プロジェクト!!!

1日(金)14時 中止になりました。
イキイキ長いきの会(呼吸法・発声練習・お経の練習)

8日(金) 13時と19時 中止になりそうです→中止になりました
法話会 (わかりやすい仏さまのお話し)

15日(金)10時半と15時 中止になりそうです→中止になりました
写経会 (マイお経本を作りましょう)

22日(金)10時半 中止になりそうです→中止になりました
笑いヨガ (笑って笑って健康体操)

どれも参加費500円

緊急事態宣言が延長されそうですので、5月の会は開催出来そうにありません…。
残念です…。心が苦しいです…。みんなに会いたかった…。


もしも緊急事態宣言が予定通り5月6日までであれば、開催するつもりです。
開催出来ても、茶話会・懇親会は中止にします。

 

ご参加の際は、マスク着用でお願いします。
なごみ庵内はアルコールでキレイにしておきます。
入口にアルコール消毒も用意しますので、お使いください。
窓を開けて換気にも気を配ります。
そして体調が思わしくない方は、くれぐれもお家でゆっくりしてください。
電車やバスをお使いの方で、ご心配の方は無理をせずお休みくださいね。

どうぞよろしくお願いします (^人^)

出かける用事があって玄関を開けると、蝶が落ちていました。

 

生きものに「落ちていた」という表現もおかしいのですが、最初見た時は枯れ葉でも落ちているのかな、という風情だったのです。

 

よく見ると羽が曲がっているので、羽化の途中なのだろうと思って近くの鉢植えの葉にとまらせておきました。

 

数時間後に帰ってくると、また玄関先に蝶が「落ちて」います。

 

羽の曲りもそのままで動きも弱々しいものでしたが、どうすることもできず、また鉢植えの葉にとまらせておきました。

 

 

夜になって気になって、ライトを持って鉢植えのところに行くと昼間の姿そのままでとまっていますが、少しずつ弱っているように見えます。

 

いたたまれなくなって家に連れて帰り、段ボール箱と割りばしで即席の飼育箱を作り、割りばしの先に砂糖水を含ませた脱脂綿を付けると、口のところのクルクルしたストローみたいなのを伸ばして吸っている様子です。

 

 

調べてみると、羽化に失敗して羽根が曲がって飛べない蝶は一定数いるようです。

 

しかし蚊やゴキブリだと叩いたり殺虫剤をまいたりするのに、この待遇の差はなんでしょうね (^_^;) 

 

ステイホームで時間があるので、しばらく昆虫観察してみます。

 

横から見るとわかりにくいですが…

 

 

正面から見ると羽が大きく曲がっています

◇ 自分との対話 ◇

 

「お念仏というのは つまり自分が自分に対話する道」

 


4月の法語カレンダーは明治〜昭和の真宗大谷派僧侶、曽我量深 師の言葉です。

 

「馬の耳に念仏」などという言葉もありますが、「ナムアミダブツ」のお念仏はなんだかよくわからないもの、呪文のようなものと捉えられがちです。

 

 

仏教はもともとインド発祥ですので、お念仏も古代インドの言葉に戻すと「ナマス・アーミータ・ブッダ」となります。

 

ナマスは「帰依・信頼」、アーミータは「無量・無限」、ブッダは「仏・悟った者」の意味で、またアーミータには「アーブハ(光)」「アーユス(命)」の2つの言葉が込められています。

 

ですのでお念仏を日本語訳すると「無限のいのちと光を現す悟りの存在を心から信頼する」という意味になるのです。

 

いのちと光が無限ということは、阿弥陀仏の救いが時間と空間を問題としない、という意味に繋がります。

 

過去も今も未来も、どこにいても私たちは阿弥陀仏の慈悲の眼差しに包まれているのです。

 

後顧の憂いなく、安心して生きていけよと見守ってくださっているのです。

 

 

もちろん見守ってくれるといっても、何か現実的なご利益を与えてくれるわけではありません。

 

朝晩お念仏を称えていても、転んでケガをするかもしれませんし、それこそ新型コロナウイルスに感染してしまうこともあるかもしれません。

 

けれど、良いことも悪いことも「我が身のこと」として抱えて生きていく勇気を、阿弥陀仏はくださるのではないでしょうか。

 

今は感染対策で、外出を自粛して自宅で長い時間を過ごすことが多くなっています。

 

時間を持て余しぎみになる場面もありますが、両の掌を合わせ、ゆっくりとお念仏を口にしてみてください。

 

そして自分が何を大切に思っているのか、これから何を大切にすべきなのか、そんなことにじっくりと思いを馳せてみてはいかがでしょうか。

 

 

◎ お 知 ら せ ◎

 

◎4〜5月の行事について
緊急事態宣言の期間である5月6日までの行事と、5月10日の合同墓参拝バスツアーは延期といたします。

それ以降も状況を見ながら判断いたします。6月2日の「おてランチ」は会食ですので、現時点では延期の可能性が高いです。

お出かけ前にHPやFacebookをご覧いただいたり、メールやお電話でご確認ください。

 

◎ホームページ リニューアルオープン!
講演や行事の中止が続き、時間ができたお陰でHPとブログのリニューアルをいたしました。

パソコンでもスマホでも見やすくなりましたので、ぜひご覧ください。

また、坊守の笑いヨガをYouTubeに掲載しました。ついにユーチューバー誕生です。

こちらもご覧いただき、少しでも笑顔になっていただければ幸いです。

 

ホームページ https://753an.net

ブログ http://blog.753an.net

YouTube https://www.youtube.com/watch?v=2fuB-UNRqSk

 

◦なごみ庵 オリジナルお経本&お経CD 各500円 郵送の場合は別途送料200円です
◦神之木地区センター写経会 5月5日 中止・19日(火) 18時30分
◦死の体験旅行 豊島区

 金剛院:5月11日 中止・6月17日(水) 19時
 神奈川大学 生涯学習:9月9日(水) 18時30分
◦自死遺族の集い 4月・5月とも中止 築地本願寺